視覚 的 快楽 と 物語 映画. 映画研究者のローラ・マルヴィは1975年の評論「視覚的快楽と物語映画」において、映画におけるジェンダー権力関係の非対称を分析するため、「男性の視線 (ゲイズ)」 (male gaze) という第二波フェミニズム的な概念を導入した 。 マルヴィの議論によると、カメラを異性愛者男性がコントロール. Male gaze)は映画や写真など視覚芸術の分析・批評に使われる概念のひとつで、映画の中で女性が男性の欲望対象として描かれるといった、視覚メディアがはらむ権力構造に注目した表現 。 1970年代にフェミニズム思想の興隆とともに構想され、現在では英語圏を中心に、映画理論やジェンダー研究、ポストコロニアル理論など広い範囲で用いられる基本概念となっている 。 【ベストコレクション】 ソドムとゴモラ […]