技術 人文 知識 国際 業務 要件

就労系の在留資格を取得する際、その種類によって要件が定められています ここでは、最も一般的な就労ビザである 【技術・人文知識・国際業務】 及び、2019年5月に新設された 【特定活動(本邦大学卒業者)】 の在留資格についての要件をご紹介していきます。 在留資格「技術・人文知識・国際業務」を申請しようとする際には、まず、 ・これから行おうとする業務内容・職種と、学歴(または職歴)が関連しているか ・日本人と同等レベルの報酬であるかどうか の二点を確認してください。 具体.


在留資格申請の許可事例(技術・人文知識・国際業務) 行政書士office FLAT(福岡県福岡市)


企業内転勤「海外駐在事務所」の場合 行政書士大阪国際法務事務所


国際結婚 日本在留ビザセンター


技術・人文知識・国際業務と特定技能どれが良い? 中国語が話せるママ行政書士


永住許可申請(Permanent Residency) 品川国際行政書士事務所


【在留資格「技術・人文知識・国際業務」の取得条件】技人国ビザ取得のための要件とは? 中小企業の外国人採用を


「技術・人文知識・国際業務」ビザを取るには? 入国管理局でのビザ申請サポート@東京

Leave a Reply

Your email address will not be published.