源泉 所得税 延滞 税 計算 式

延滞税の合計 =(2)延滞税(法定納期限から1年以内)+(3)延滞税(修正申告書提出から2ヶ月以内)の部分 +(4)延滞税(修正申告書提出から2ヶ月超過)の部分 = 28,000円 + 4,345円 + 7,558円 = 39,900円(100円未満の端数は切り捨て) ② 延滞税の計算期間は、平成27年6月1日~平成28年5月31日の1年間。 ③ 延滞税を計算する。 (1) 本税の額:3,152,100円=3,150,000円(1万円未満を切り捨てます) (2) 延滞税の割合


報酬・料金の源泉所得税 中川徹郎公認会計士事務所

) 最初の2ヶ月は年2.9% (平成27年) 3ヶ月以降は年9.1% (平成27年) 延滞.

源泉 所得税 延滞 税 計算 式. 不納付加算税の算出方法を計算式にすると次のようになります。 (計算式) 源泉所得税(※1) × 率( 10% か 5% ) ※1 端数処理あり。(処理方法は下部に記載します。) 上記の計算式で適用する 10% と 5% については、国税通則法67条にその適用方法が定められています。簡単にまとめると次. ① + ② =延滞税の額(100円未満切り捨て) ※全額が1,000円未満の場合は切り捨て 源泉所得税66,500円の場合(40日間延滞) 延滞金=滞納税額 × 延滞日数 × 延滞金率 ÷ 365;


何が違う? 「外注費」と「給与」の違いが抱えるリスクについて解説 マネーイズム


不納付加算税と延滞金の計算しようとしたら倒れそうになった Victoriaの日記

Leave a Reply

Your email address will not be published.