ネズミモチ に 似 た 木

ネズミモチ ⇒ モクセイ科イボタノキ属の樹木で、果実がネズミの糞に、葉がモチノキに似ていることからこのように呼ばれています。 トウネズミモチ ⇒ モクセイ科イボタノキ属の常緑高木で、ネズミモチとよく似ています。 庭木・低木(常緑①) 庭木・低木(常緑②) 庭木・低木(落葉①) 庭木・低木(落葉②) 成長が遅い木;


【印刷可能】 トウネズミモチ 実 280295トウネズミモチ 実

ネズミモチは公園や生け垣などによく使われていて、 ちょっと気をつけていれば、 日常的によく目にするような木です。 ところが珍しくもないこの木に、 驚くほどの薬効があるのです。 ネズミモチは、漢名を女貞子(じょていし)といい、 中国の本草綱目には

ネズミモチ に 似 た 木. この木の実の形から付けられた [ 冬のネズミモチの実 ] この黒くちょっと細長い実の形が 「鼠(ネズミ)の糞(ふん)」に似ていて 葉っぱが「糯の木(モチノキ)」の葉っぱに似ているからだそうな 今日 一ヶ月以上前の「ネズミモチ」をご紹介したのは 和名ネズミモチは、果実がネズミの糞に似ており、姿や葉がモチノキに似ることから名付けられたものである 。 別名で、タマツバキともよばれている [1] [3] 。 10〜12月に黒紫色に熟す。果実は白い粉をかぶる。種子は黒色で、表面には大きなしわがある。花期は6〜7月。 冬芽の芽鱗は赤褐色で光沢がある。(樹に咲く花) 学名は、ligustrum lucidum モクセイ科イボタノキ属 よく似たネズミモチは花冠の筒部が5〜6mmと長い.

そして、 “モチ” の部分は 「モチノキの葉」 と、ネズミモチの葉が似ていることから来ています! つまり、「ネズミモチ」=「ネズミの糞」+「モチノキ」ということなんです。 似ているから名前の由来になったことはわかったけど、


√70以上 トウネズミモチ 実 506578トウネズミモチ 実


木実の名は。(10) 〜 トウネズミモチっていい香りなんだけど要注意外来生物らしい|さとなお(佐藤尚之)|note


ヒヨドリちゃんまだ来ないわね…こんなに実がいっぱいでは…(^_)☆ reiatogagouのブログ


6月23日(水) ネズミモチ 草木365日


【植物】干支の木・ネズミモチ 伊勢っ子トレジャーズ


世界の木材、樹木 ネズミモチ 木の情報発信基地


サンゴジュの赤い実 Humanoid K’s diary


2ページ目の[ 道端のお花 ] ジュラのお散歩花日記 楽天ブログ


黒い実 可哀想な名前 ジュラのお散歩花日記 楽天ブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.