片流れ屋根 北向き

Posted on

北向きの屋根面 特に①太陽光パネル設置のためには片流れ屋根はある面理にかなっていると言えます 片流れ屋根のデメリットは大きく2つ 雨漏りしやすい実際にも多く発生している 結露リスクが高い ともに. 片流れで一番多いのが北向き屋根と言われています これはベランダを南につくるのでおのずと屋根は北向きになってしまうのです そして北向きで太陽光パネルを設置しても費用に見合う発電はできません また傾斜も重要です.


コの字型のフレームとクールな柄が特徴 強くて快適でおしゃれな家 タイコーアーキテクト 建築デザイン 家 家 外観

うちみたいな北向きの片流れ屋根でも一寸勾配57度なら 南向き屋根を 100 として 80 以上行けるらしい ゚ロ゚ノノ.

片流れ屋根 北向き. 片流れ屋根は太陽光パネルを設置して発電するにはもってこいの形状です片流れ屋根を南向きにすれば 日照時間も長めに確保 できますし一面の面積が広いので よりたくさんの太陽光パネルを設置することも可能 ですよね.


玄関は北側 北東側に水廻りをコンパクトに集めている 玄関ステップの向きは 母屋側の植栽に目がいくように設定している 玄関 ステップ 平屋住宅 住宅

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *